「さようなら核兵器」ウェイブのグローバル・アクションを!

20154月~5月の4週間にわたり、5年ごとの核不拡散条約(NPT)再検討会議が国連本部で開催されるのに合わせ、各国政府が集まります。市民社会は各国政府に対し、NPTが求めている核兵器の完全な禁止と廃棄のための交渉を行い、核兵器の脅威を終わらせることを求めています。

 

「グローバル・ウェイブ」は、ニューヨークで2015NPT再検討会議が開幕する直前の24時間にわたり、世界中の都市で行われる各々の市民行動を一つの「ウェイブ」につなげる取り組みです。地球上の一つの地点(ニューヨーク)からスタートし、各地の時間帯で毎時間、象徴的なイベントを通して、人類の「さようなら核兵器」のウェイブを発信します。

 

このアクションは、議員、市長、宗教指導者、若者、環境活動家、人権活動家、スポーツクラブ、セレブリティ、その他の市民社会の代表者たちが参加して行います。このアクションは、小規模で象徴的なものから、大規模に開催されるものまで、様々なものになるでしょう。

 

「グローバル・ウェイブ2015」は、「平和と地球:核兵器のない公正で持続可能な世界をめざす行動」の一部として行われます。こちらにメールを送るか、フェイスブックをご覧いただき、この胸躍るグローバル・アクションに参加してください。

 

呼びかけは、「バーゼル平和事務所」と核兵器全廃のためのグローバル・ネットワーク「アボリッション2000です。